旅行相談

03-5643-8031

(平日 10:00~19:00 土曜 10:30~19:00)

CLOSE

フィジー旅行、フィジーツアー、フィジーのホテル、ハネムーン、ウェディング、ダイビングの事なら専門店のトーホートラベルへ!

お電話でのお問合せ
03-5643-8031
平日 10:00~19:00 日祝
土曜 10:30~19:00 休日
  • トーホートラベル Instagram
  • トーホートラベル Facebook
  • トーホートラベル Twitter
  • Blog

Fiji 現地の只今の時間:

FIJI フィジー

MENU

フィジー コーラルコースト

CORAL COAST DIVING

ママヌザ諸島同様に、海が穏やかなコーラルコースト。ダイビングのベースとなるのは、長い海岸線に沿って点在するシャングリラ、ワーウィック、ザ・ナビティなどのコーラルコーストの各リゾートホテル。このあたりのリーフは割合近い所にあり、それぞれのリゾート近辺で、それぞれにスポットが開発されている。流れもほとんどない水深10~15m程度のポイントが多い。

ダイビングは全てボートダイブで、ポイントまでは10~15分の距離。大物を見るというより、美しいハードコーラルやリーフフィッシュを楽しむスポットだ。初めての体験ダイビングにもおすすめの、ビギナーのダイバーや子供連れの家族にも向いている海だ。

DIVING POINTS

主なダイビングポイント

  • バラクーダ・ポイント

    シャングリラから行くダイナミックなポイントで、ボートで約15分。その名の通り、バラクーダの群れが良く見られる。水深15m前後で流れもほとんどなく、初心者にも楽しめるのがポイント。

  • モーガンズ・レフュージ

    ワーウィックからボートでわずか8分。この辺りには珍しく見事なソフトコーラルの群生が見られる。水深は平均で15mほど。ビギナーでも安心なポイント。運が良ければ大物に出会えることもある。

  • コーラルガーデン

    珊瑚の規模では周辺でも随一のポイント。なだらかに落ちていくリーフに沿って流していくスタイル。ハードコーラル、ソフトコーラルともに豊富で様々な生物を観察できる。リーフの上ではカスミチョウチョウウオが群れ、ツバメウオの群れも常連だ。ウミガメ遭遇率の高いダイブポイント。最大水深15mm、ときに流れあり。

  • キャセドラル

    ハナダイが華やかに乱れ舞う「キャセドラル」。なだらかなスロープ状のリーフから、水深45mまで落ち込むドロップオフが連なる、変化に富んだ地形を潜る。浅瀬にはスミレナガハナダイが密集し、天気の良い日は光が差し込み爽快な景観。チョウツイョウウオやスズメダイなども群れている。深場では壁にソフトコーラルが付き、ウミガメも高確率で現れる。最大水深30m、流れはときにあり。

  • ゴールデン・アーチ

    色彩豊かなアーチをくぐって青の世界へ。ソフトコーラルが繁茂した根がいくつも連なり、アーチやケーブになっている。それらのなかにもソフトコーラルが密生し、カラフルな小魚が群れている。根のトップにハナダイが群れ、ウメイロモドキの群れも常連。ナポレオンが寄ってくることもある。最大水深20m。

  • マンタ・ポイント

    大物マンタを期待できる垂涎ポイント!沖合に浮かぶヴァツレレ島の近くにあるポイント。ポイント名の由来は、マンタとの遭遇率が高いことから。確率が高い時期を狙って遠征することが多い。地形もおもしろく、水深3m付近のリーフから水深18mまで落ち込み、そこに広がる棚がさらにドロップオフとなっている。

コーラルコーストのダイビングMAP

  • ビチレブ島南部、コーラルコーストの海岸線

  • ダイバー人気の高いナポレオン

  • 色彩豊かなソフトコーラルが茂る水路を泳ぐ

  • リーフトップの美しいハードコーラル

  • 色彩豊かなソフトコーラルが茂る水路を泳ぐ

  • ビギナーのダイバーも安心の穏やかな海

  • ハナダイが華やかに乱れ舞う「キャセドラル」

AFTER DIVE

ダイビングはランチを挟んで2本潜ることが多いので、戻ってくるのは午後になる。豊富に揃ったマリンアクティビティに挑戦したり、施設の整ったリゾート内のプールやスパ、部屋のテラスやバーなどでのんびり過ごすのがおすすめです。

経験豊富なスタッフがお客様一人ひとりに向き合いお話しさせていただきます。
もちろんメールでも構いませんが、お電話でのご相談をおすすめいたします。

お電話でのお問い合せ

03-5643-8031

03-5643-8031

平日 10:00~19:00 / 土曜 10:30~19:00
日曜祝日休