タヒチ旅行、タヒチツアー、タヒチのホテル、ウェディング、ダイビング、オプショナルツアー及びボラボラ島の事なら専門店のトーホートラベルへ!

お電話でのお問合せ
03-5643-8031
平日 10:00~19:00 日祝
土曜 10:30~19:00 休日
  • トーホートラベル Instagram
  • トーホートラベル Facebook
  • トーホートラベル・ウェディング Facebook
  • トーホートラベル Twitter

Tahiti 現地の只今の時間:

  • 正式名称・首都

    フランス領ポリネシア(French Polynesia)
    首都:パペーテ(Papeete)
    一般には「タヒチ」と表現されています。ソシエテ諸島、ツアモツ諸島、マルケサス諸島、オーストラル諸島、ガンビエ諸島の5つの諸島群にわかれており、全部で118の島々があります。

  • 位置

    南緯7~29度、西緯131~156度。カリフォルニアとオーストラリアのほぼ中間に位置しています。
    タヒチは日本(東京)から9,500km離れた南太平洋にあり、ほぼ西ヨーロッパ全域に相当する400万k㎡の広大な海域を占めています。国の面積は約4,000k㎡。

  • 人口

    約27万人(2010年統計)。人種構成はポリネシア人83%、ヨーロッパ系人種12%、中国系人種となっています。このうち17万人ほどがタヒチ島に住み、首都パペーテの人口はおよそ26,000人です。

  • 言語

    公用語はフランス語とタヒチ語ですが、ホテルやレストラン、大きなお土産店、観光業に携わる人々は英語を話すことができます。免税店、ダイビングショップ、高級リゾートなどでは日本人または日本語を話せるスタッフが居る場所があります。

  • 時差

    日本より19時間遅れ。日本が12:00の時、タヒチは前日の17:00に。サマータイムはありません。
    【タヒチ時間=日本時間+5時間-1日】と計算するとわかりやすいでしょう。

  • 日本からのアクセス

    日本からフレンチポリネシアまでのフライトは、直行便で約11時間。エアタヒチヌイが直行便を運航しております。
    フライトスケジュールはこちらから

  • 国花

    ティアレ・タヒチ
    フレンチポリネシアの国花であるティアレ・タヒチ。タヒチのシンボルであるこの花は、クチナシと同じガーデニア科に属すタヒチの固有種。エア・タヒチヌイ航空の機体の尾翼にも描かれ、タヒチ島ファアア空港に降り立った時に手渡されるティアレ。南国のしっとりとした空気の中に清楚な芳香を漂わせます。通常6~8枚の花びらのティアレの中で8枚の花びらを持つティアレは幸運を運んでくれるという言い伝えがあります。

  • タヒチの気候

    フレンチポリネシアの年間平均気温は25°前後。気候はさわやかで快適といえる。4月~11月頃が乾期で、朝夕などはやや涼しくなるため、薄手の羽織ものや上着などを用意するのがおすすめ。12月~3月は高温多湿の雨期にあたり、気温も27°~30°とタヒチの夏となります。スコールも多くなりますが雨の分だけ、緑はより深く、花々も咲き乱れ色彩豊かな時期となります。
    タヒチと東京の平均気温&降水量(東京管区気象台データより)

  • タヒチの祝祭日

    2017年
    1月1日 元旦
    3月5日 イギリス宣教師団上陸記念日
    4月14日 聖金曜日(※)グッドフライデー
    4月16日 復活祭(※)イースターサンデー
    4月17日 復活祭後の月曜日(※イースターマンデー)
    5月1日 メーデー
    5月8日 第2次世界大戦終戦記念日
    5月25日 キリスト昇天祭(※)
    6月4日 聖霊降臨祭(※)
    6月5日 聖霊降臨祭後の月曜日(※)
    6月29日 仏領ポリネシア自治法制定記念日
    7月14日 フランス革命記念日
    8月15日 聖母被昇天祭
    11月1日 万聖節
    11月11日 第1次世界大戦休戦記念日
    12月25日 クリスマス・デー

    (※)印の祝祭日は、その年によって変わります。

    2018年
    1月1日 元旦
    3月5日 イギリス宣教師団上陸記念日
    3月30日 聖金曜日(※)グッドフライデー
    4月1日 復活祭(※)イースターサンデー
    4月2日 復活祭後の月曜日(※イースターマンデー)
    5月1日 メーデー
    5月8日 第2次世界大戦終戦記念日
    5月10日 キリスト昇天祭(※)
    5月20日 聖霊降臨祭(※)
    5月21日 聖霊降臨祭後の月曜日(※)
    6月29日 仏領ポリネシア自治法制定記念日
    7月14日 フランス革命記念日
    8月15日 聖母被昇天祭
    11月1日 万聖節
    11月11日 第1次世界大戦休戦記念日
    12月25日 クリスマス・デー

    (※)印の祝祭日は、その年によって変わります。


  • イベント情報

    南国だけに人々は開放的。地元の人々はお祭りやフェスティバルも大好きです。

    2月 モーレアマラソン
    5月 タヒチ・パールガレッタ
    6月中旬~7月末 ヘイバ
    6月末~7月末 ヘイバ・ボラボラ
    8月 ブーライユ農業フェア
    8月 ビラボン・プロサーフィン
    10月 ハワイキ・ヌイ・バア・カヌーレース
    12月1週目 ティアレ・タヒチの日
  • ビザ・パスポート

    タヒチ入国日から滞在日数+3ヶ月以上有効なパスポートを所持していること。
    30日以内の観光目的の滞在なら、査証(ビザ)は不要。
    31日以上の滞在になる場合や日本国籍以外の方はトーホートラベルまでお問い合わせください。

  • 通貨

    通貨単位はフレンチ・パシフィックフラン(CPFまたはXPF)
    1CPF=約1.21円(2016年5月現在)
    紙幣の種類:500、1000,5000,10000CPF
    硬貨の種類:1、2、5、10、20、50,100CPF
    現地流通通貨はCFPのみなので、事前に日本円をユーロに替える必要はありません。日本円を現地にお持ちいただきCFPへ両替が可能です。

  • 両替

    空港やパペーテ市内にある銀行で、日本円からそのまま現地通貨(CFP)へ両替ができます。パペーテ市内や離島の銀行は営業時間が決まってきますので注意してください。ソシエテ諸島以外の島々へご旅行される方は、タヒチ島にて両替をお済ませください。トーホートラベルでは現地での時間を有効にご利用いただくために、成田空港・第1ターミナル両替所でのCFPへの両替をおすすめしております。

  • クレジット・カード

    主なホテルや免税店、黒蝶真珠店、お土産店などでは主要なクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINNERSなど)が使えます。ご利用になる施設によって使用できるカードが異なりますので、必要な場合は事前にお調べください。

  • チップ

    不要。基本的にチップの習慣はありません。ホテルのポーターなどにも「ありがとう」の一言で十分。ニューカレドニアの“ありがとう”はフランス語の“メルシー”です。とびっきりの笑顔と共に“メルシー”と言ってみてください。

  • 営業時間

    お店の営業時間は店舗によって異なりますが、月曜から金曜までは8:00~11:30/13:30~17:00、土曜日は午前中のみ営業というショップが多いようです。店によっては土曜の午後も営業するお店もありますが、日曜日は免税店や黒蝶真珠店、お土産店が数店営業する以外、ほとんどのお店が休日となります。

  • 電圧とプラグ

    タヒチのホテル客室の電源は220V/60Hz。プラグタイプはA又はC。日本から海外対応でない電気製品を持って行く場合は、変圧器とCタイプのアダプターが必要となります。ホテルにより110Vのコンセントがある場合がありますが、電気カミソリなど低電力消費器具専用がほとんどです。多くのホテルには現地仕様のドライヤーが装備されていますので、特に日本からお持ちになる必要はありません。

  • インターネット

    利用するホテルや島によって状況は異なりますが、多くの主要ホテルではWifiを利用してお部屋でインターネットがお使い頂けます(ほとんどのホテルで有料)。ホテル内に日本語対応のPCを常設しているホテルもありますが、こちらは事前に各ホテルのご案内のページでご確認ください。

  • 携帯電話

    日本でご使用中の「海外用携帯電話」をご利用いただける場合があります。各海外用携帯電話取り扱い会社にてお尋ねください。現地では携帯電話が普及していますが、旅行客向けの簡易レンタルサービスはありません。>

  • 国際電話

    タヒチからの国際電話は、公衆電話からダイレクトにかけられる。カード式公衆電話の方が便利。ホテルから国際電話をかける場合は、外線番号などが必要となり手数料が掛かります。なおタヒチ(フレンチポリネシア)からはコレクトコールはかけられません。

    ニューカレドニアから日本への電話のかけ方
    例:東京(03)1234-5678または(090)1234-5678へ賭ける場合
    国際認識番号(00) + 日本の国番号(81) + 市外局番と携帯の最初の0を除いた番号(3または90) + 相手先の電話番号(1234-5678)

  • 飲料水

    基本的にタヒチのホテルの水道水は飲めますが、珊瑚礁の離島の場合は、石灰分が多く水質があまり良くありません。体調に合う合わない事がありますのでミネラルウォーターを飲用をおすすめします。ホテルのバーやスーパーなどで色々な種類のタヒチ産ミネラルウォーターが入手可能です。

  • 医療施設

    タヒチ島には公立の総合病院や緊急病院、民間診療所などが多くあり、人工透析を受けることも出来ます。またモーレア、ファヒネ、ライアテア、ランギロア、マニヒなど観光客の方の訪れる島々には診療所があります。ホテルに滞在中の急な発熱や怪我などの場合、ほとんどのホテルが往診サービスの代行を行ってくれます。

  • 税金

    消費税(T,V,A)10%、観光サービスに対する付加価値税(V,A,T)10%、ホテル宿泊に対する付加価値税5%、観光開発税5%、クルーズ税200CPF、一晩当たりお一人様150CPFもしくは50CPFの宿泊税がかかります。サービスチャージ4%がかかるホテルもあります。

  • 入国:タヒチへのアクセス

    フランス領ポリネシア・タヒチは南太平洋の真ん中に位置しており、タヒチ・ファアア国際空港までは、東京から直行便で11時間と非常に便利な場所にあります。タヒチへの航空会社はエアタヒチヌイ航空(週2便)。機内に搭乗した瞬間から、タヒチ旅行の始まりです。

  • 入国:ファアア国際空港

    118余りの島からなるタヒチ、首都パペーテはその最大の島であるタヒチ島の中心として唯一の国際空港を擁しています。パペーテ市街の東6kmに空港は位置し、伝統的なポリネシア建築と近代建築を融合した建物で、オープニングエリアが随所に取り入れられており、吹き抜ける風が心地よい。
    ファアア国際空港マップ(資料:エアタヒチヌイ航空より)

  • 入国:ビザ・パスポート

    タヒチ入国日から滞在日数+3ヶ月以上有効なパスポートを所持していること。
    30日以内の観光目的の滞在なら、査証(ビザ)は不要。
    31日以上の滞在になる場合や日本国籍以外の方はトーホートラベルまでお問い合わせください。

  • 入国:入国審査(IMMIGRATION)

    飛行機がファアア国際空港に到着する前に機内で配られる出入国カードに必要事項をあらかじめ記載しておきましょう。徒歩でターミナルまで移動し入口付近のウェルカムデスクへ。入国審査では、パスポートと出入国カード(帰りの航空券もお手元に)の提示してください。入国審査では難しい質問等は聞かれませんので、ご安心ください。入国許可スタンプを押してもらい手続きは完了です。パスポートに挟まれて返される「出国カード」は、お帰りの出国の際に必要になりますので、紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

    タヒチ出入国カード記入サンプル
    入国者用アンケート記入サンプル

  • 入国:税関申告(CUSTOMS)

    免税基準:酒類、タバコ類は17才以上に適用される
    酒類:ワイン2L以内、追加でアルコール飲料2L以内
    タバコ類:葉巻タバコ200本、または細巻葉巻100本、又は葉巻50本以内
    香水:香水50gとオードトワレ0.25L以内
    コーヒー:500g、または茶エキス40g以内
    その他:衣類などの個人用の物品は、上記を除く30,000CPF以内 15歳未満は15,000CPF相当以内

  • 入国:持ち込み制限

    持ち込み禁止品
    果物、花、植物類、仏領ポリネシア産以外の養殖真珠、葉巻タバコ200本、または細巻葉巻100本、又は葉巻50本以内、動物類、ワシントン条約で規制されているもの、麻薬類、偽造品、武器、弾薬など
    許可が必要なもの
    通信機器および無線機器、ペット

  • 入国:到着ロビー(ARRIVAL ROBBY)

    パッケージツアーの場合は、ここで現地係員がお待ちしています。声をおかけいたしますので、出発前にお送りしたバッジを目立つ所へつけておいてください。

  • 入国:離島へのお乗り継ぎ

    入国審査・税関審査を受け、すべての荷物をお持ちになり、国内線ターミナルのエアタヒチもしくはエアモーレアのチェックインカウンターへお越しください。セキュリティチェックを受け、新たにチェックインしご搭乗ください。
    国内線お乗継・荷物重量のご案内

  • 出国:空港へ

    空港への到着は出発の2時間前までにお越し下さい。パッケージツアーのお客様も場合は、滞在ホテルでの集合時間をご指定し、お迎えに向かいます。

  • 出国:チェックイン(CHECK IN)

    空港内の案内板で搭乗する航空会社と便名をご確認の上、カウンタ-内の係員へ航空券とパスポートを提示し、搭乗券(ボーディングパス)をお受け取りください。

  • 出国:出国審査(IMMIGRATION)

    パスポートと搭乗券、出国カードの半券を提示して出国審査を受けてください。出国カードの半券は入国時に切り離されています。小さなものなので紛失しないように保管してください。

  • 出国:手荷物検査(SECURITY CHECK)

    X線を使った簡単な手荷物検査とボディチェックを受けます。利用便のチェックイン・カウンターの番号を確認し、セキュリティチェックを受けチェックインします。

  • 出国:待合ロビー(LOBBY)

    すべての検査が終わりましたら、待合ロビーで搭乗のご案内までお過ごしください。出発ロビーには大きな免税店もあり、ブランド品、化粧品、お菓子、おタバコ、お酒類、民芸品などお買い物もお楽しみ頂けます。

  • 出国:空港内・免税店などの様子

  • 出国:ボーディング(BOARDING)

    搭乗口(ゲート)と搭乗開始時間は搭乗券に印字されています。日本便の場合は日本語でもアナウンスされます。

  • 出国:空港到着

    国際線の空港到着は、2時間前が一般的です。また混雑時にはゆとりを持って3時間前には到着できると安心です。エア タヒチ ヌイは、第2ターミナルから発着します。成田空港3F出発ロビーへお進みください。

  • 出国:手荷物について

    国際線エアタヒチヌイ
    タヒチへの航空会社、エアタヒチヌイ航空で無料でお預かりできるお荷物は下記の通りです。

    受託手荷物(機内預けのお手荷物について)

    ご利用クラス 無料手荷物許容量 手荷物1個当たりの重量
    エコノミークラス お一人様1個 23kgまで
    ビジネスクラス お一人様2個 32kgまで

    ※3辺(縦・横・高さ)の合計は158cm以内
    ※全てのクラスにおいて32kgを超えるお荷物のお預かりはできません。

    ダイバーの方へ
    ※ただし、タヒチ国内線はこの規定ではありません。タヒチ到着後、離島へのお乗継のお客様は重量配分など十分ご注意ください。
    ※ダイビング器材・スポーツ用品は、上記に加え、1個無料(重さ23kgまで、全クラス共通)で預けることができます。
    ※2個目以降のダイビング用品は、個数・重量・サイズ共に通常の超過手荷物料金の対象となります。
    ※重量が23kgを超えるダイビング用品のお預けは、1個目であっても超過分の重量・サイズが超過料金の対象となります。またダイビング用品として預けられるお手荷物の中に、それ以外のものが含まれていた場合は、スポーツ用品の手荷物としての取扱はできません。
    ※現地諸事情により予告無しに変更になる場合がありますので、必ず予約の際および現地到着後にご確認にご確認をお願い申し上げます。

    機内持込手荷物について

    【各クラス共通】
    10kgまでの荷物1つ(3辺の合計が115cm未満)
    +身の回りの品1つ(ハンドバッグ、ノートパソコン、カメラなど)

    ※重量超過、23ヶ月未満の幼児についてなど、その他の情報につきましては、エアタヒチヌイのHPをご覧ください。

    詳しくはエアタヒチヌイのページをご覧ください。
    エアタヒチヌイ オフィシャルサイト

  • 出国:タヒチ国内線・エアタヒチ

    タヒチご到着後、ボラボラ島、モーレア島、ランギロア島など、国内線でのお乗り継ぎの際に、適応のお荷物の規定は下記の通りです。
    国際線エアタヒチヌイと、国内線エアタヒチでは、受託手荷物および機内持込手荷物の重量規定が違いますので、離島へお乗継のお客様は、荷物の重量配分など十分ご注意下さい。(規定重量オーバーの場合、超過料金が必要となり、回避する為には空港内で荷物の詰め直しなどが必要となります)

    受託手荷物
    国際線利用の旅行者・・・お一人様3個
    手荷物の総重量・・・・23kgまで(3辺の合計150cm以内)
    ※ダイビングカード提示で総重量25kgまで受託可能

    機内持ち込み手荷物
    5kgまで(45×35×20cm以内)
    ※国際線より5kg少なくなり、サイズも小さくなりますのでご注意下さい。

    ※超過料金についての詳しい情報は、エアタヒチのHP(英語)をご覧ください。
    ※海外からの渡航者で、入国後7日以内、出国前7日以内の国内線搭乗者が条件。
    ※現地諸事情により予告無しに変更になる場合がありますので、必ず予約の際および現地到着後にご確認にご確認をお願い申し上げます。

    エアタヒチヌイ オフィシャルサイト

  • 出国:搭乗手続き(チェックイン)

    空港内の案内版で利用する航空会社と便名をご確認の上、時間に余裕を持って搭乗手続き(チェックイン)をお済ませください。航空会社チェックインカウンターで航空券とパスポート提示し、搭乗券(ボーディングパス)をお受け取り下さい。機内持込手荷物以外の荷物はカウンターへ預け、手荷物引換証をお受け取り下さい。

  • 出国:セキュリティチェック

    便名ハイジャックなど危険防止のため、手荷物検査とボディチェックを行います。搭乗券を提示していただき、機内持込み手荷物はX線検査機にお通し下さい。お客様はお一人ずる金属探知機のゲートをくぐり、ボディチェックをお受け下さい。セキュリティチェックが終わりましたら、3F出国審査へお進みください。


    国際線・液体物の機内持ち込みについて

    手荷物として持ち込むための、パッケージ方法

    100ml(g)以下の容器に入った液体物は、容器1リットル以下のジッパーの着いた再封可能な、縦横サイズ各20センチ以下の透明プラスチック製袋(ジップロックなど)に入れて下さい。お一人様1点のみ持ち込みが可能です。※100ml以下であっても、透明の袋に入っていない場合は持ち込みが出来ません。

  • 出国:税関手続き

    100万円相当額を超える現金などを持ち出す場合は、税関への申告が必要となります。現在使用している時計やネックレスなど外国製品を外国に持ち出す場合は、税関カウンターで所定の手続きを行って下さい。

  • 出国:出国審査

    出国審査カウンターでパスポートと搭乗券を提示して下さい。パスポートに出国印を押印されましたら、出国審査は終了となり、日本を出国したことになります。搭乗までの待ち時間に、免税売店などでお買い物をお楽しみいただけますので、ご利用下さい。車いすのお客様は、幅の広い事務室側の通路をご利用いただけます。搭乗ゲートがサテライトにあるエアタヒチヌイは、本館2Fの連絡通路を通り、サテライト3Fへご移動をお願い致します。(2015年7月現在)

  • 出国:搭乗ゲートへ

    お客様の搭乗券に記載されている搭乗時刻と搭乗ゲートをご確認下さい。館内の案内表示に従って搭乗案内開始時刻に(出発時刻の30分前)まで間に合うよう、時間に余裕を持って搭乗ゲートまでお越し下さい。急な変更等に備え、アナウンス及び発着案内表示板にもご注意いただきますようお願いいたします。

  • 出国:搭乗

    搭乗ゲートに到着いたしましたら、搭乗開始までお待ち下さい。搭乗の際には係員の案内に従って、搭乗券を提示してご搭乗下さい。

日本の空港(成田)での到着手続き

  • 帰国:検疫

    到着後は、案内に従って検疫カウンターまでお進み下さい。機内で検疫所から質問票が配布されたら、必要事項を記入し、検疫カウンターに提出して下さい。下痢や発熱など体調に異常のある方は、検疫官または健康相談室までお申し出下さい。検疫については、カウンター付近にパンフレットや必要書類をご用意しておりますのでご利用下さい。

  • 帰国:入国審査

    入国審査カウンターでパスポートを提示し、入国審査をお受け下さい。入国審査が終わりましたら、1F到着ロビーへお進み下さい。車いすのお客様は、幅の広い事務室側の通路をご利用いただけます。

  • 帰国:手荷物の受け取り

    ファアア国際空港で預けた荷物をお受け取り下さい。便名をご確認いただき、ターンテーブルへお進み下さい。お荷物を預けたときに引き換えで受け取られた手荷物引き換え証で、ご自分の手荷物であることを確認し、お荷物をお受け取り下さい。お荷物が多い場合は、ターンテーブルの付近に手荷物カートがございますのでご利用下さい。

  • 帰国:植物・動物検疫

    植物(果物、種子、野菜など)や動物(ハム、ソーセージなどの肉製品を含む)を日本に持ち帰る場合は、植物・動物検疫カウンターで、所定の証明書や検査が必要となります。検疫については、カウンター付近にパンフレットや必要書類をご用意しておりますので、ご利用下さい。

  • 帰国:税関検査

    入国される際は、全てのお客様に「携帯品・別送品申告書」を提出して頂いております。「携帯品・別送品申告書」には、外国で買った品物のほか、プレゼントされた物や預かった物などもご記入ください。別送品のあるお客様などは、「携帯品・別送品申告書」を2通提出する必要がございます。免税範囲を超えていないお客様は、「緑の検査台」で検査をお受け下さい。免税の範囲を超えているかどうか分らないお客様は、「赤の検査台」で検査をお受け下さい。

  • 帰国:到着ロビー

    税関検査を終えたら、到着ロビーへお進み下さい。これで入国手続きは終了となりますので、どうぞお気をつけてお帰り下さい。

    【お帰りの際の交通アクセスについて】

    お帰りの際の交通アクセスについて、電車(成田スカイアクセス線、京成本線、JR線)をご利用の方で、第2ターミナル到着のお客様は地下1F「空港第2ビル駅」からご乗車ください。また第1ターミナルご到着のお客様は、同じく地下1F「成田空港駅」からご乗車下さい。その他バス、タクシー、お車等ご利用いただけます。

    (資料参考:成田国際空港公式サイト)

経験豊富なスタッフがお客様一人ひとりに向き合いお話しさせていただきます。
もちろんメールでも構いませんが、お電話でのご相談をおすすめいたします。

お電話でのお問い合せ

03-5643-8031

平日 10:00~19:00 / 土曜 10:30~19:00
日曜祝日休

現在お使いのAndroid標準ブラウザには脆弱性が存在しセキュリティ上の危険があります。Googleのサポートが終了しているため、今後この脆弱性が修正されることはありません。動作保証外となりますので、一部正しく表示されないページがあります。トーホートラベルではGoogle Chromeでのご利用を推奨しております。

Google Chromeで表示する