旅行相談

03-5643-8031

(平日 10:00~19:00 土曜 10:30~19:00)

CLOSE

フィジー旅行、フィジーツアー、フィジーのホテル、ハネムーン、ウェディング、ダイビングの事なら専門店のトーホートラベルへ!

お電話でのお問合せ
03-5643-8031
平日 10:00~19:00 日祝
土曜 10:30~19:00 休日

Fiji 現地の只今の時間:

FIJI フィジー

MENU

カバの儀式

KAVA

カバの儀式

フィジーには「カバの儀式」と呼ばれる伝統的な儀式なあります。“儀式”というと、ちょっと神秘的なイメージになるかもしれませんが、大切なお祝い事や、お客様をおもてなしする場面に用いられるカバ。フィジーの人たちにとっては、生活に浸透した“薬膳茶”のような物です。

  • カバの儀式

    その「カバの儀式」の“カバ”の正体は、ヤンゴーナと呼ばれる南太平洋に生育する胡椒科の木。その木の「根」の部分を乾燥させ、さらに砕いて粉末にしたものを、水で濡らし汁を絞り出し飲むのが「カバの儀式」です。フィジーの市場では山積みになっている「木の根=カバ」を目にすることが出来、お土産屋さんでは粉末にした「カバ」も販売されています。

  • カバの儀式

    「カバの儀式」には、「タノア」と呼ばれる大きな木の器が使われます。この器に竹筒から水を注ぎ、その中でカバの根をぬらし、汁を絞り出します。粉末の場合は、注いだ水で溶かします。そしてココナッツの殻で作った受け皿(杯)にタノアからカバの汁を汲み取り飲むようになっています。ちなみにカバの汁の色は、見た目は泥水のような色で無味無臭。胡椒の木の根から出た汁のため、飲むと下に軽い麻痺を引き起こす作用があり、リラックス効果があると言われています。

  • カバの儀式

    儀式は3名のホスト役で進められます。ひとりはカバの汁を作る役、もうひとりはココナッツの殻の器に汁を汲み取りお客様へ運ぶ役、最後のひとりは目付役です。目付役は儀式の始まりのを宣言する祈りを捧げたり、カバを誰に運ぶかを示す役割です。お祈りの後、作られたカバは偉い人から順に飲むのが儀式の決まりとなっています。

  • カバの儀式

    カバに参加した際、自分の前にカバが差し出されたら、まず手を2回たたき「ブラ!(フィジー語のこんにちは)」と言ってから、右手でカバを受け取ります。その後、目付役が手を一回たたいたら、一口で飲み干します。飲み終えたら器を返し、3回手をたたき「ビナカ!(ありがとう)」の礼をのべます。この一連の動作が一人ひとりに行われ、数回行われます。夜まで続くことが多い儀式ですが、最後までいなくても大丈夫です。ただし参加した際は一度は杯をあけることが「カバの儀式」の礼儀となっています。

  • カバの儀式

    日本からフィジーを訪れて「カバの儀式」に出会うことが出来るのは、ツアーなどで村(ヴィレッジ)を訪れた際や、滞在先のホテルです。ホテルでは、昼、夜、日替わりと様々ですが、フィジーらしい「カバの儀式」に触れ合える機会が設けられているホテルが多くありますので、ぜひ一度、フィジー式のおもてなし「カバの儀式」を体験してみてください!

伝統芸能のトップページに戻る

経験豊富なスタッフがお客様一人ひとりに向き合いお話しさせていただきます。
もちろんメールでも構いませんが、お電話でのご相談をおすすめいたします。

お電話でのお問い合せ

03-5643-8031

03-5643-8031

平日 10:00~19:00 / 土曜 10:30~19:00
日曜祝日休